ガンダム関連

積みプラ消化SP ~ビルドガンダムGP01-Fb~

積みプラも着々と消化してる中、ビルドファイターズトライで登場した「ライトニングガンダム フルバーニアン」。そのBWSである「ライトニングバックウェポンシステムMk-II」の発売を受けて、さわたにさんが「ビビッ」と考えついたのがこれ。

Img_3284

以前作成した「ビルドガンダムGP01」に「ライトニングバックウェポンシステムMk-II」を装備しました。その名も「ビルドガンダムGP01-Fb(フルバーニアン)」。GP01-Fbにフルバーニアンの名を持つ装備をのっけようという単純な発想(笑)。

Img_3285

後ろから、カラーリングを統一させるためにベース色を青に塗り直してます。薄い青の部分はシルバーで塗装。また、バックパックが意外と大きいので、自立が困難になってます。

Img_3286 本体との接続はプラ板とポリキャップで自作したジョイントで、高さを調節しつつ繋げてます。Img_3287 ハイビームライフルはポリキャップを仕込んで、GP01に付属しているシールド接続部をそのまま使って繋げられるように。

Img_3288Img_3289_2

腰にGP03のバインダーっぽく見せるために「ビルダーズパーツ 強化ウイング」を装備。ただし、そのままの取り付けると羽が前に来てしまうので、取り付け位置の調整と「とある事情(後述)」のため、コトブキヤのメカニカルアームを間に入れてます。

Img_3290

ハイビームライフル。レール部分をシルバーで塗装。センサーはラピーテープを使用。

Img_3291

ビームキャノン。こちらも砲身をシルバーで塗装。

Img_3292

バックパック本体は塗装以外は手を加えていないので、設定通りに変形可能。

Img_3293

後ろから見た図。バーニア部をシルバー、内部をメタリックレッドで塗装。

Img_3294

そして、本機の目玉(?)変形機能を追加!と言ってもウイングガンダムと同じ寝そべり変形です(笑)。上記で使用した接続パーツは使わず、バックパックの機首の下にある3mm穴にGP01本体の軸を合わせてるだけ、つまり無改造で再現出来ます。

Img_3296

後ろから見た図。強化ウイングを採用した意味がここで始めてわかるかと。本体側の主翼になります。

Img_3298

ちなみに、バックパックを外すとこんな感じ。そのまま取り付けると腕に干渉してしまうウイングを、メカニカルアームを使ってずらしてます。これだけでも航空機っぽく・・・見えないな(笑)。

Img_3299

Img_3302

という訳で、ビルドガンダムGP01-Fbでした。単なる思いつきの割には中々良く出来たなと思います。簡単に組み換え遊びが出来たりするのはバンダイの技術の賜物ですが、「ここをこうしたい」等、色々想像力が掻き立てられるのもガンプラの面白さであり、バックパック単品発売の魅力だと思います。

極・積みプラ消化 ~ガンダムF91~

友人の誘いで、初めてクラブイベントに参加して、年齢と体力の無さを痛感させられた、さわたにです。

さて、作り始めてだいぶ間が空いてしまいましたが、ようやく完成しました、HGUCガンダムF91です!Img_3271

Img_3272その小ささゆえに、1/144スケールでの発売がなかったF91。バンダイの技術の進化により、ようやくこのスケールでのキット化です。

Img_3273

同スケールのνガンダムと。ホントに同スケールかと疑いたくなりますが、両方HGUC1/144です。

Img_3274

Img_3275

ビームライフル&ビームサーベル。ビームライフルはこのスケールにして、白とグレーが完璧に色分けされてます。ビームサーベルは二振り付属。オーバースケールな気もしますが迫力が出てカッコいいかも。

Img_3276

Img_3277

ビームランチャー&ビームシールド。ビームランチャーはグリップが稼働するので持たせ易いです。ビームシールドは基部を差し替えて再現。

Img_3278

Img_3280

F91の最大の特徴、ヴェスバー&最大稼働状態。ヴェスバーは差し替えなしで構えることが可能。最大稼働状態のフェイス部、両肩のフィンは差し替えで再現。頭部は冠がスポッと抜けて簡単に差し替え可能です。ブンドドに便利!

Img_3281

Img_3282

ということでガンダムF91でした。その当時、ナイト、武者、Gアームズ等のSDガンダム作品はもちろん、コンパチシリーズ等のゲームにおいても主人公格の役割を担い、自分にとっての正にヒーロー的な存在のMSです!20数年の時を経て、このプラモを作れたことが何より嬉しいですね。懐かしさと真新しさを同時に味わえた画期的なキットでした!

続々・積みプラ消化 ウイングガンダム(なんちゃってアーリータイプ)

きよしこの夜、ガンプラに囲まれて過ごす、さわたにです。別に寂しくなんかないんだからね!

と、茶番はさておき、今年最後の積みプラ消化、旧キットのHGウイングガンダムゼロカスタムをアーリーカラーで塗装してみました。Img_3256

Img_3257

塗装のみで、本体はウイングガンダムゼロカスタムのままです。羽はそのままでも、印象はがらっと変わりますね。

Img_3259

Img_3263

ツインバスターライフル。HGのキットには腰に角度のついた胴体パーツが付属するので、差し替えで原作のシーンを再現可能。

Img_3258

ビームサーベルも2本付属。昔のキットでは当たり前ですが白一色のパーツなので、メタリックグリーンで塗装。

Img_3265

Img_3266

Img_3268

以上、適当にアクション。最近のキットに慣れていると可動範囲に違和感がありますが、当時としては標準的な範囲ですね。

Img_3270

最後はアーリーカラーの5機勢揃いで!なんとか今年中に揃えることが出来ました。旧キット故に、ウイングとサンドロックは入手しづらかった印象。

Img_3269

というわけで、ウイングガンダムゼロカスタムでした!原作でも雪降る中で戦っていたり、RGも発売になったりと、意外とこの季節にぴったりのMSですね。ガンダムA付属のドライツバーグはHGにも対応してるなら、是非ゲットしたいですね!

続・積みプラ消化 Gエグゼスジャックエッジ

秋の夜長にガンプラを。もう冬に差し掛かってますが、ライブ以来のさわたにです。
先のシャルドールローグに続き、海賊機Gエグゼスジャックエッジ作りました!

Img_3247

Img_3248 一部カラーリングはオリジナルですが、作ってみるとホントにカッコイイね。

Img_3249

額と瞳には金のラピーテープを貼ってます。個人的にラピーテープは最近よく使います。

Img_3250

Img_3251 Gエグゼスのビームライフルにナイフをそのままジョイント。また「ウルフファング」でお馴染みのビームサーベル二本もそのまま付属してます。

Img_3252

Gエグゼスを祖先とする2機。胸や腕など共通部分も多いけど、足の形状が微妙に違ったりしてるのが並べてみて初めて気づいたり・・・。

Img_3254海賊機揃い組!アニメ本編では実現できなかった組み合わせが今ここに!

Img_3255

以上、Gエグゼスジャックエッジでした。店頭には意外と残ってることが多い印象のキットですが、可動などは優秀なので色々動かして遊んだり、自分のように海賊機を並べてみるのも面白いと思いますよ。

積みプラ消化 ~シャルドールローグ~

同人イベントが終わっても、「積み(プラ)が消えるまで、僕は 創るのを やめないッ!」ということで積みプラ消化第2弾、「シャルドールローグ」作成しました。

Img_3228 Img_3229

ガンダムAGEに登場した宇宙海賊ビシディアン所属の量産型MS。TV本編ではレギルスに瞬殺された記憶が・・・。

Img_3233 Img_3237

武装、ドッズバスターとビームアックス。バスターは手持ちではなく腕にすっぽり被せるタイプ。ビームアックスはその名の通り「ビーム」なのですが、銀に塗装してそのまま斧っぽく見せました。

Img_3241

シャルドールのバリエキットなので、シールドとビームサーベルはそのまま付属。

以下、適当にアクション!

Img_3234

Img_3238

Img_3236

Img_3235

最後は海賊機と一緒に。

Img_3243

Img_3244

以上、シャルドールローグでした。改めてガンダムAGEのキットは出来が良くて、よく動く!残りの海賊機ジャックエッジは積んではいませんが、是非並べてみたいです。その前に他のキットを消化せねば!ということで、また次回お会いしましょ~ノシ

積みプラ消化 ~Gサイフォス~

6月なのに北でもかなり暑い・・・、お久しぶりのさわたにです。
さて、同人イベントのあとはガンプラ作成!今回からは自宅に眠る「積みプラ」を消化していきたいと思います。

今回はGサイフォスを作成しました。部分塗装のみの素組みです。

Img_3119

知る人ぞ知る、ガンダムAGE外伝「追憶のシド」に登場するモビルスーツ。Gバウンサーのバリエキットです。白の部分はキットでは薄いグレーなのですが、白に塗り直してメリハリをつけました。Img_3121 背面。大きなバインダーが特徴ですが、こちらも元キットGバウンサーのままです。

Img_3122

本キットの特徴の一つ、角度のある握り手。これでヒートソードを前に突き出すポーズが取れるので表現が豊かになります。

Img_3123

こちらも本キットの目玉、ドッズバスターH。手首ごと交換するので、他のキットにも流用可能。

Img_3124

脚部。AGE1-スパローの足を採用しているのでニードルガンもしっかりあります。

Img_3125

Gバウンサーのバリエキットのため、左手首はもちろん、サーベルの柄の部分も付属するので、ビーム部分を他キットから持ってくると2刀流でウルフファングも再現可能。Img_3129 同じ海賊機のAGE-2ダークハウンドと2ショット。両機とも違うアプローチで海賊っぽさが出てるのが面白いと思います。

Img_3127

以上、久々のガンプラレビュー、Gサイフォスでした。改めてガンダムAGEのキットは可動、プロポーション共にかなり出来が良いので、作ったことのない人は是非1度は作って欲しいですね。

私の熱いガンプラカツドウ! 「AGE-1 ブラッドハウンド」

三月ももう半ば、皆さんどうお過ごしでしょうか?こちらは相変わらずなんか作ってる沢谷です。今回もガンプラオリジナル改造機、その名も「AGE-1 ブラッドハウンド」なるものを作ってみました。Img_3060パーツ取り用に保存しておいたAGE-1をなんとか再利用できないかと思い、試行錯誤した結果、ガンダムビルドファイターズに登場した「K9ドックパック」を利用することでAGE-1を海賊(?)っぽく仕上げた機体。シルエットやカラーパターンはクロスボーンX-2を元にしてます。

Img_3061

背面。X状のスラスターやスナイパーライフルが、X-2っぽく見えるかな?本体とバックパックの接続は本体側に3mmの穴を開けて、ビルドブースターMk-Ⅱに付属のジョイントで接続してます。

Img_3063

「ブラッドハウンド」の名の通り、各種センサー類を「赤」で統一。ツインアイにはラピーテープを使用。Img_3067 K9ドックパックには2丁拳銃もついてくるので、装備してみるとこんな感じ。カラーリングと相まって、ストライクノワールに見えなくもない・・・。Img_3075AGE-1に付属のビームサーベルもそのまま使用可能。長い刃と短い刃がついてきますが、イメージ的には短い方が似合うと思ったので、そちらを装備させ見ました。

Img_3068当然バックパックも独立することが可能。スナイパーライフルのスコープ部にラピーテープとコトブキヤのHアイズを使用してます。

Img_3071_2

劇中でも印象的だったジオン兵もしっかり付属してます。

Img_3072

また、極力本体への改造を減らしているので、黒いAGE-1として組み替えることも可能。これはこれですごくカッコイイです!

Img_3078

というわけで、「AGE-1 ブラッドハウンド」でした。ガンダムビルドファイターズ見てると改造意欲が湧き上がるので、これからも色んな機体作ってみたいですね。TV本編も佳境に差し掛かっているので、どんな決着をつけるのか楽しみです!

私の熱いガンプラカツドウ!

さて、先のラブライブのLV参加の裏で、秘密裏に進めていたガンプラカツドウ。ガンダムビルドファイターズを見てオリジナルのガンプラを作りたい!!と思った結果がコチラ。Img_3047
HGUCガンダムGP01FbをベースにビルドブースターMk-Ⅱを装備させた機体。「ビルドガンダムGP01」です。

Img_3049     Img_3048

バックパックと腕のビームライフルは無改造で取り付け可能。胸と肩のバーニアはコトブキヤのバーニアノズルに真鍮線を通して接続してます。

Img_3052

足の裏にもバーニアノズル&真鍮線を取り付け。小さいバーニアは塗装で表現。

Img_3053 ビルドブースターMk-Ⅱの紺部分はキャラクターブルーで塗装。また、機体の一部にはラピーテープでディティールアップ。

Img_3055

ビームライフルユニットを肩に取り付けてガンダムDX風にも。

Img_3046

Img_3045

 

余ったユニバーサルブーストポッドはジムカスタムに取り付け。バックパックの取り付け穴が合わないので、プラ板で接続ユニットを自作して取り付けてます。というか、これがやりたくてGP01を買いましたw

Img_3040GP01Fb側への取り付けは全て無改造なので、通常のGP01Fbにも換装出来ます。

 

Img_3057

「Please set your GUNPLA」GPベースに乗せて、気分はビルドファイターズ(笑)。

Img_3059

ということで、オリジナルガンプラでした(ジムカスタムはおまけですw)あのアニメはガンプラ制作意欲を掻き立てるので、是非ともこちらも2期をやって欲しいですね。

ガンダムUC展 in 札幌に行ってきた!

Img_santeng

射命丸文(以下「文」):はいはい、久々のブログ更新ですよ~。みなさん見てますか~。

姫海棠はたて(以下「は」):何かイベントがあると急に張り切るわよね?中の人。

犬走椛(以下「椛」):中の人とか言わないでくださいよ。というか、なんで急に私たちが喋ってるんです?

文:ああ、それはですね、今回久々のブログ更新だし、なんかいつもと違うことやってみたいなーと思ってたどり着いた結果だそうです。

は:ひとりで全員分のセリフ考えるの結構しんどかったそうよ。パソコンの前で一人悩んでる姿を想像すると泣けるわね。


椛:(違う事やりたいとは言え、なんでそんなことやったんだろう・・・)ともかく、私たちがイベントの内容を説明すればいいってことですか?

文:まあそういうことです。中の人の永遠の嫁こと、この射命丸文が内部の様子を颯爽と激写してきましたので、とくとご覧ください!

は:あ、以下長文注意ね。興味ある人は「続きを読む」をクリック!


椛:既にいくつかメタっぽい発言がありますが、そこはご容赦ください。

続きを読む "ガンダムUC展 in 札幌に行ってきた!" »

ビビッドな日常(親子で記念撮影編)

Img_2767

GWの力をフルに活用してAGE-1フルグランサ完成!!ということで記念UP。スマートなダークハウンドやトゲトゲしてるFXと比べて、ボリュームと貫禄万点のキットです。さすがじいちゃんのガンダムw今回は写真多めなので、以下「続きを読む」をクリック!

続きを読む "ビビッドな日常(親子で記念撮影編)" »

より以前の記事一覧

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ